Menu

合宿免許の際に役立つ持ち物の詳細について

宿泊施設に過度な期待は禁物

合宿免許は自動車教習所が行っている泊まり込みの講習プランです。短期間で免許取得に必要な講習をクリアできる利点がありますが、宿泊施設のグレードでその快適さは大きく変わります。合宿免許で利用される宿泊施設は様々であり、旅館やホテルの一角を借り上げて行うこともあります。しかし、極端に安価な合宿免許では粗末なプレハブ小屋や教習所の関係者の住宅を使うケースもあるので注意が必要です。また、教習所が合宿免許専用の宿泊施設を持っていることもありますが、必ずしも快適に利用できるとは限りません。合宿免許は最短でも約二週間の日数を要するので、その間の生活に必要な持ち物は予め用意しておくのが参加者に求められる姿勢と言えます。

社会人としてのマナーを踏まえて持ち物を決めることが大切

合宿免許の多くは食事や入浴のサービスが付いていますが、宿泊施設によってはサービスの内容が決して満足できるものではないケースがあります。特に入浴をはじめとする衛生面の問題については講習中の不快感にも繋がるので、自分で不具合を解消できるように持ち物に工夫を凝らす姿勢が不可欠です。体を清潔に保つためのウェットティッシュやドライシャンプーがあれば合宿中に不潔な状態に陥る心配がありません。清潔に保つのは社会人としてのマナーなので、衛生用品は必ず用意しておきます。衣類やタオル類については宿泊施設での洗濯は困難であると考え、多めに用意しておくのが賢明です。タオル類は宿泊施設の備品が提供されることがありますが、紛失や破損などのトラブルを避ける意味でも自分で用意するのが無難です。合宿免許の多くは食事や入浴のサービスが付いていますが、宿泊施設によってはサービスの内容が決して満足できるものではないケースがあります。特に入浴をはじめとする衛生面の問題については講習中の不快感にも繋がるので、自分で不具合を解消できるように持ち物に工夫を凝らす姿勢が不可欠です。体を清潔に保つためのウェットティッシュやドライシャンプーがあれば合宿中に不潔な状態に陥る心配がありません。清潔に保つのは社会人としてのマナーなので、衛生用品は必ず用意しておきます。衣類やタオル類については宿泊施設での洗濯は困難であると考え、多めに用意しておくのが賢明です。タオル類は宿泊施設の備品が提供されることがありますが、紛失や破損などのトラブルを避ける意味でも自分で用意するのが無難です。
衛生用品の他に、身だしなみを整えるための小物類も必ず用意しておきます。男性ならひげ剃り用品であり、女性は小さいサイズの化粧品セットを持ち物に加えておけば日数が経過しても困りません。季節によっては制汗スプレーや虫除けグッズ、カイロなども必須なので最適な一品を用意しておきます。携帯電話の充電やドライヤーを使う際にコンセントを占有するのを防ぐため、二股以上の延長コードを持つのも社会人としてのマナーのひとつですが、電気製品の使用を制限している宿泊施設もあるのでその点は注意しなければいけません。講習を終えた後の空き時間を楽しく過ごすには書籍や音楽プレーヤー、ゲーム機が便利ですが、勉強をしている他の人の妨げにならないように配慮することを心がけます。
絆創膏や毛抜きは擦り傷を作ったりトゲが刺さった際に、あると便利なグッズです。耳掻きや綿棒、爪切りといった衛生用品も使う機会が多い日用品ですが、ひとりが持ち込む荷物の量には限りがあります。宿泊施設で快適に過ごすには慎重に持ち物を選ぶことが大切なのです。

新着記事